TikTokからYouTubeへの誘導は簡単!?〇〇をするだけ!

TikTok YouTube 誘導

『YouTubeのチャンネル登録数が思ったように伸びなくてしんどいな〜。』

と思っているあなたへ。

いま、若者の間で流行っているTikTokというSNSをご存知でしょうか?

TikTokはショート動画が主流のSNSですが、そのショート動画をうまく活用することでTikTokの視聴者をYouTubeに誘導できると言われています。

実際に日本で1番チャンネル登録数の多い『Junya.じゅんや』さんは、TikTokからYouTubeに誘導することで、いまや1,470万人のチャンネル登録者がいます。

ということで今回は、TikTokからYouTubeに誘導する手順をメインに説明していきます。

YouTubeが伸びなくて悩んでいるという方にぴったりの内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

TikTokとYouTubeの特徴

TikTokとYouTubeは両方とも動画配信・投稿サービスですが、それぞれ特徴があるので簡単に説明します。

TikTok

TikTok YouTube 誘導

ショート動画の王道SNSとして知られているTikTokですが、以下3つの特徴があります。

TikTokの特徴
  • 新規視聴者に視聴されやすくバズりやすい
  • 10分までの動画しかあげられない
  • 広告収益がない

TikTokは視聴回数が伸びている動画や最近投稿をしはじめた方の動画を、オススメ欄に載せてくれるケースが多いです。

そのため、新規視聴者にも視聴されやすくてバズりやすい仕組みになっています。

またSNSの中では珍しく、動画は10分以下という制限があります。

ただショート動画のSNSとして認識されていることもあり、大体の動画は15秒〜60秒の短い尺のものが多いです。

最後に1点注意してほしいのが広告収益がない点です。

つまりTikTok単体では稼げないので、YouTubeやInstagramなどの他のSNSと組み合わせることで収益化していかなければなりません。

YouTube

TikTok YouTube 誘導

動画SNSの元祖として知られているYouTubeですが、以下3つの特徴があります。

YouTubeの特徴
  • 長尺の動画を投稿できる
  • チャンネルが成長するまで時間がかかる
  • 広告収益がある

TikTokとはまるで正反対の特徴をもっているのがYouTubeと考えるとイメージしやすいです。

YouTubeはショート動画もアップロードできれば、1時間以上の長い動画も問題なくアップロードできます。

また動画の再生数に応じて広告収益が発生するので、ヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなどのトップYouTuberになると広告収益だけで生活もできます。

ただ1点注意したいのがYouTubeは波に乗るまでが長く、再生回数が10,000回を上回るには長い時間が必要ということです。

そのためTikTokやInstagramなどのSNSから、視聴者を誘導することが大切になります。

TikTokからYouTubeに誘導する手順

次に本題であるTikTokからYouTubeに誘導する手順について説明します。

誘導する手順は以下の2ステップになります。

TikTokからYouTubeに誘導する手順
  1. TikTokにYouTubeの切り抜いた動画をアップロードする
  2. TikTokのプロフィールにYouTubeアカウントを表示させる

それぞれ説明していきます。

TikTokにYouTubeの切り抜いた動画をアップロードする

TikTok YouTube 誘導

まずYouTubeに上げている動画の切り抜きをTikTokにアップロードします。

『新たに撮影しなくて大丈夫なの?』と疑問に感じられる方もいるかと思いますが、TikTokはバズりやすい性質があるので切り抜き動画でも伸びます。

実際にマナル隊というグループは、切り抜き動画をTikTokに上げて、YouTubeに誘導しています。

■YouTube(マナル隊)

■TikTok(マナル隊)

また切り抜き動画であれば動画の企画〜撮影までの手間もかからないので、コンテンツ作成の負担も少ないのがメリットです。

加えてTikTokの場合、YouTubeみたいな凝った編集は必要ないので、片手間で編集をしてアップロードができます。

ただ、中にはYouTube以外にもInstagramやTwitterなどのSNSを運用していて時間がないという方もいると思います。

そんな方におすすめなのがファンに切り抜き動画のアップロードを依頼することです。

『ファンに依頼してやってくれるものなの?』と疑問に感じると思いますが、実際にレペゼン地球、ヒカルは切り抜き動画のアップロードをファンに依頼してYoutubeに誘導しています。

とは言っても無償でやってくれる人は数少ないので、切り抜きファンに見返りがある仕組みを作ると良いかもしれないですね。

例えば切り抜きファンの方と週1回電話できるようにしたり、オリジナルグッズをプレゼントしたりなど。

しかし1点注意したいことがあり、それは切り抜き動画によっては自分のブランディングが損なわれる可能性があるということです。

そのためファンに依頼する際は、以下の2点を守るように心がけましょう。

切り抜き動画をファンに依頼する際の注意点2つ
  • どんな動画を切り抜いて欲しいかも伝える
  • 名前、住所、電話番号、チャンネル名、チャンネルURLなどを知っておく

YouTubeに誘導するという目的を見失わずに、切り抜き動画を管理することが大切になってきます。

TikTokのプロフィールにYouTubeアカウントを表示させる

次は切り抜き動画からYouTubeに誘導するための導線を作っていきます。

やることは至ってシンプルで、TikTokのプロフィールにYouTubeアカウントを表示させるだけです。

そうすると、以下のように誘導できるようになります。

TikTokからYouTubeに誘導する流れ
  1. TikTokの切り抜き動画を見る
  2. 気になってプロフィール欄に飛ぶ
  3. プロフィール欄に貼っているYouTubeリンクをクリック(=誘導)

では具体的に、TikTokのプロフィールにYouTubeアカウントを表示させるやり方を説明していきます。

①TikTokを開いて右下にある『プロフィール』をタップする

②『プロフィールを編集』をタップする

③『プロフィールにYouTubeを追加』をタップ

④リンクしたいYouTubeチャンネルのメールアドレスを入力

⑤メールアドレスのパスワードを入力

⑥先ほど④で入力したメールアドレスを開いて2段階認証をする

⑦TikTokのアプリに戻って、『許可』をタップ

⑧YouTube欄に自分のチャンネル名が出てきたらOKです。

YouTubeへ誘導する際に気を付けること

本記事をここまで読んでくれているあなたは、TikTokの魅力に気付きはじめているのではないでしょうか。

ですが、『TikTokの運営がうまくいけば、チャンネル登録数がグッと伸びそう』と思って始めた矢先、TIkTokの動画がまったく再生されないというケースは多々あります。

なぜならTikTokからYouTubeへ誘導する際に気をつけるべきことを知らないからです。

それでは最後に『YouTubeへ誘導する際に気を付けるべきたった1つのこと』をお伝えします。

それはTikTokのアプリ内で必ず切り抜き動画を編集することです。

例えばテロップやBGM・効果音を入れるにしてもAdobe Premire ProやFinal Cut Proで編集するのではなく、TikTokのアプリ内で編集するということです。

なぜならTikTok内で編集をせずに動画を上げるとオリジナルではない、低品質、QRコードコンテンツとして認識されてしまうからです。

その結果、TikTokのおすすめフィードの表示推奨の対象外になり、新規視聴者に見られなくなり、YouTubeへの誘導ができなくなってしまいます。

改めてになりますが、切り抜き動画をあげてYouTubeに誘導する際は、必ずTikTokのアプリ内で切り抜き動画を編集するようにしましょう。

まとめ

今回はTikTokの視聴者をYouTubeに誘導する方法について説明しました。

誘導する方法をおさらいすると、以下のとおりです。

TikTokの視聴者をYouTubeに誘導する方法
  • TikTokにYouTubeの切り抜いた動画をアップロードする
  • TikTokのプロフィールにYouTubeアカウントを表示させる

TikTokはYouTubeと同じく動画配信・投稿サービスですが、ショート動画をメインにしている違いがあるため視聴者層が異なります。

そのためTikTokの視聴者を誘導することで、チャンネル登録数が伸びる可能性は大いにあります。

今後のYouTubeを飛躍させるためにも、ぜひこの機会にTikTokの視聴者を誘導してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

© 2022 crobo Co. Ltd. All rights reserved.