YouTubeの動画編集を依頼する場合の相場は?オススメの外注先もご紹介!

動画の企画、SNSの運営、コメント返し、動画編集などやることが尽きないのがYouTuberというお仕事です。

その中でも特に時間がかかるのが動画編集で、長い人だと1つの動画で10時間以上かかってしまう方もいます。

この記事を読んでいるあなたも「動画編集を誰かに依頼できたら良いのにな〜」と考えているのではないでしょうか。

それと同時に、動画編集を外注したら費用がかかってしまうため、「外注はできるだけ避けたいな〜」と思っている人も多いのではないでしょうか。

ところで、あなたは動画編集を依頼する際の料金相場をホントにご存知でしょうか?

もしかすると、単に相場を知らないだけかもしれません。

ということで今回は動画編集を依頼するとどのくらいの料金になるのかという相場、また動画編集を依頼できるサービスを具体的に説明していきます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

費用の相場

動画編集 依頼 相場

前提として、動画編集の外注はフリーランスと企業に依頼する場合の2通りになります。

それでは費用の相場について詳しく説明していきます。

フリーランスに依頼した場合の相場

フリーランスに動画編集を依頼した場合の相場は、2,000円〜30,000円になります。

企業に依頼するよりも低価格で抑えられるので、外注費用をできるだけ抑えたい方や初めて動画編集を外注する人におすすめですね。

またフリーランスは企業に依頼するのと比べて部分的な外注もしやすいので、本当に必要なところだけの依頼ができて、最小限に費用を抑えることができます。

例えば以下のように編集内容を自由にカスタマイズして金額をコントロールできます。

編集のカスタマイズ例
  • カット+テロップ
  • カット+テロップ+演出効果
  • カット+テロップ+音声吹き込み
  • カット+テロップ+映像撮影

フリーランスに依頼する場合、納期は相談しつつ決めていきますが1〜2週間ほどで設定することが多いのでスピード感をもって依頼できることも大きなメリットですね。

ただフリーランスの場合、納期から大幅に遅れてしまうケースもたまにあるので、少し余裕をもって行動するのがおすすめです。

企業に依頼した場合の相場

企業に動画編集を依頼した場合の相場は、5,000円〜100,000円になります。

企業になると相場はピンキリになりがちで、理由としては安さを売りにしている企業もあればクオリティ重視の企業もあるからです。

実際に1本の動画編集を5,000円〜6,000円でやっている企業もあれば、動画の企画や原稿作成、タイトルとサムネイルの考案、チャンネルの分析などを含めて50,000円〜100,000円でやっている企業もあります。

また企業はフリーランスと比べると信頼性が高いため、納期に間に合わないや動画編集のクオリティが低すぎるみたいな状況にはなりにくい傾向にあります。

ですので、動画編集の外注で絶対に失敗をしたくない人にはおすすめですね。

ただ納期が2〜4週間ほどのケースが多いので、前もって行動することが大切になってきます。

YouTubeの動画編集を依頼できるサービス

動画編集 依頼 相場

ここまで動画編集を外注した場合の相場について説明してきました。

次はもう少し掘り下げて、YouTubeの動画編集を外注できるサービスについて紹介していきます。

フリーランス・企業ともに3つずつおすすめを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フリーランスに依頼

フリーランスに依頼するのであれば、おすすめのサービスは以下の3つになります。

フリーランスに依頼できるおすすめサービス
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

上記の3つはすべてクラウドソーシングサイトですが、それぞれサービスごとに特徴が異なります。

※クラウドソーシング:企業をはじめとする発注者が、不特定多数の人たちに対して仕事を依頼したり、必要とするアイデアなどを募集したりする仕組み

料金相場という観点で話すと、クラウドワークスとランサーズは登録している方が似通っています。そのため同じような金額になりやすく、10分以下の動画であれば3,000円くらいの相場で外注できます。

それと比較してココナラは安い傾向にあり、10分以下の動画であれば2,000円くらいの相場で外注できます。

ただフリーランスに依頼するときに1点注意してほしいことは、募集する案件の料金に応じて応募してくれる人の層が変わるということです。

例えば30分動画の編集を2,000円などの相場を下回るような安い案件で募集してしまうと、実績作りのために案件をこなしている動画編集の初心者さんが応募に殺到するようになります。

つまりクラウドソーシングサイトであれば安くても大丈夫と思って、相場より低い料金で外注していると、かえって修正などのやり取りが長引いてしまって時間がかかってしまう可能性があるのです。

そのため依頼内容に見合った金額を提示して、常識の範囲内で外注するようにしましょう。

企業に依頼

動画編集 依頼 相場

企業に依頼するのであれば、おすすめは以下の3つになります。

動画編集を外注できるおすすめの企業
  • 株式会社フロンティアチャンネル
  • 株式会社MEGWIN TV
  • 株式会社pamxy

それぞれ簡単に説明します。

■株式会社フロンティアチャンネル

1つ目に紹介する企業は15分以内の動画を作成したい人は月5本以上で1本2万円〜、15分以上の動画を作成したい人は月3本以上で1本3万円〜で動画編集を代行している株式会社フロンティアチャンネルになります。

制作実績も豊富で具体的なところだと『ABEMA 恋する週末ホームステイ』や『ニコラTV』などがあります。

■株式会社Pleete

2つ目に紹介する企業は動画の企画〜動画のアップロードまで5万円〜で手厚くサポートいただける株式会社Pleeteになります。

外注するとなれば1番気になるのが金額面ですが株式会社Pleeteでは定額制を採用しているのが特徴です。

急に外注費用が変わることがないので、予算を立てて計画的に行動ができるのはYouTuberにとっては大きなメリットですね。

■株式会社pamxy

3つ目に紹介する企業はチャンネル登録者が80万人を超えている『あるごめとりい』をプロデュースした株式会社pamxyになります。

自社YouTubeで培ってきたノウハウを持っているので、信頼性が高いのが特徴。

また動画編集だけでなく、TiktokやInstgram、TwitterなどのSNS戦略も支援ができるので、多方面からのアプローチができるのも他社にない強みになります。

まとめ

動画編集 依頼 相場

今回はYouTubeの動画編集を依頼する場合の相場や動画編集を依頼できるサービスについて説明してきました。

まとめると以下のとおりです。

動画編集を依頼する場合の相場や動画編集を依頼できるサービス
  • フリーランスに依頼した場合の相場:5,000円〜30,000円
  • 企業に依頼した場合の相場:5,000円〜100,000円
  • フリーランスへの依頼は、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラがある
  • 企業への依頼は、株式会社フロンティアチャンネル、株式会社MEGWIN TV、株式会社pamxyがある

結局のところ動画編集を依頼するのであれば、なにを重視するかで決めるべきです。

料金の安さを求めるのであればフリーランス、安定したクオリティを求めるのであれば企業にするみたいな感じですね。

もし少しでも動画編集に費やしている時間を減らしたいと考えているのであれば、ぜひこの機会に外注も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

© 2022 crobo Co. Ltd. All rights reserved.