【著作権侵害?】YouTubeでBGMを使う際に注意すべきこと&オススメBGMサイトをご紹介!

YouTube 著作権

いきなりですが、YouTubeでBGMを使用する際、どのような手順や方法で使用するかわかりますか?

基本的にBGMなどの楽曲には、著作権があり、誰でも勝手に使っていいというものではありません。

勝手に使っていたり、正しく利用できていない場合、YouTubeからあなたの動画が削除されることもあります。

そこで今回は、YouTubeでBGMを著作権の侵害なく利用する方法についてご紹介していきます。

YouTube 著作権

著作権侵害せずにBGMを利用する方法!

YouTubeで著作権侵害せずBGMを使う方法は以下の3つの方法があります。

方法

著作権フリーの音楽サイトを利用する

②パブリックドメインの楽曲を使用する

③クリエイティブコモンズを使用する

それではこの3つの方法について、より詳しくご紹介させていただきます。

著作権フリーの音楽サイトを利用する

YouTube BGM

著作権フリーの音楽サイトを既に利用している方も既に多いと思いますが、皆さんは正しく使えていますか?

著作権フリーの音楽サイトを使用する際は、それぞれのサイトにルールや注意事項があります。

例えば、サイトによっては、BGMの使用条件としてクレジット(著作権元の情報)を明記しなければならないことがあります。

他にも、商用利用としては使えない楽曲や、利用可能期間が定められていたり、著作権者への連絡が必要な場合もあります。

そのため、ご自身が使っている音楽サイトには、どのようなルールや注意事項があるかを確認してから利用してください。

各楽曲ごとに注意事項が記載されている場合もあれば、利用規約のページに記載されていることがあるので、注意深く確認し、正しく利用しましょう。

パブリックドメインの楽曲を使用する

YouTube 著作権

著作権侵害を受けずにBGMを使用するには、パブリックドメインの楽曲を使用する方法があります。

パブリックドメインとは、楽曲の作者の死から一定期間過ぎ、著作権の保護期間が満了し、著作権の権利が消滅した楽曲がこれにあたります。

他にも、著作権の権利者が権利を放棄した作品もパブリックドメインとなります。

パブリックドメインの楽曲やBGMは、著作権フリーのBGMとは異なり、クレジットを明記する必要はありません。

ただ、パブリックドメインの楽曲を使う際に注意事項があります。

それはパブリックドメインを使った二次創作物には著作権が発生することです。

詳しく説明すると、例えばモーツァルトの創作物がパブリックドメインになったとします。

そのパブリックドメインの楽曲をAさんがアレンジして新たな曲を作った場合、その楽曲にはAさんの著作権が発生します。

そのため、Aさんが作った楽曲をパブリックドメインの楽曲と同じように利用することはできません。

クリエイティブ・コモンズを利用する

YouTube 著作権

著作権侵害を受けずにBGMを使用するには、クリエイティブ・コモンズを利用する方法があります。

これは、著作者が自分の作品を、他の人に再利用してもらうことを許可する意思表示を表す取り組みです。

パブリックコモンズと異なる部分でいうと、著作権者は再利用を許可しているが、著作権は著作者にあることです。

また、クリエイティブ・コモンズのライセンスには種類があり、それぞれに使用できる条件や範囲が異なります。

詳しくは以下のページで、ライセンスの条件や範囲が説明されていますので、ご確認ください。
creativecommons JAPANについて

ここまで、著作権侵害をせずにBGMを利用する3つの方法についてご紹介しました。

それでは、次に実際にBGMを使用する、おすすめのサイトをご紹介していきます。

オススメのBGMダウンロードサイト

YouTube 著作権

それではBGMをダウンロードするのにオススメな以下の3つのサイトを紹介していきます。

オススメのサイト

①YouTubeオーディオライブラリ

②DOVA-SYNDROME

③Artlist

それでは、以下の3つのサイトの特徴を順番に解説していきます。

YouTubeオーディオライブラリ

YouTube BGM

YouTubeオーディオライブラリの特徴は以下の通りです。

特徴

・無料

・安心

・クレジット表記不要

YouTubeオーディオライブラリは、YouTubeが公式に提供している、BGMや効果音を自由に無料でダウンロードできるサービスです。

このYouTubeオーディオライブラリは、YouTube Studioから誰でも利用することが可能です。

また、クレジットの表記の必要もありません。

YouTubeオーディオライブラリには、1500ほどの楽曲と800ほどの効果音が登録されています。

YouTubeオーディオライブラリだけで十分、BGMや効果音を揃えることができます。

DOVA-SYNDROME

YouTube BGM
DOVA-SYNDROME

DOVA-SYNDROMEの特徴は以下の通りです。

特徴

・無料

・クレジット表記不要

・楽曲が多い

DOVA-SYNDROMEは、無料でBGMや効果音を提供しているサービスです。

DOVA-SYNDROMEは、YouTubeオーディオライブラリと同様にクレジットの記載をする必要はありません。

また、YouTubeのオーディオライブラリよりも、曲数が多く、12,000を超えるBGMや1,200を超える効果音が用意されています

Artlist

Artlist
Artlist

Artlistの特徴は以下の通りです。

特徴

・年間契約or月額契約

・新鮮な楽曲がある

・楽曲が多い

・クレジット表記不要

Artlistは、人気音楽ダウンロードサイトの1つであり、先ほど紹介したDOVA-SYNDROMEよりも曲数も多く、毎日新しい楽曲が追加されています。

費用は、月額契約の場合、月に14.99ドルと、大体1700~1800円ほどの値段で利用できます。

また、年間契約の場合は、119.88ドルと、1ヶ月あたり、9.99ドル(1100~1200円)で利用できます。

Artlistでは1日40曲までダウンロードが可能であり、ダウンロードした楽曲はサービス終了後も使用することができます。

以上、オススメの音楽ダウンロードサイトを3つご紹介させていただきました。

次に、YouTubeの著作権侵害についてよくある質問についてご紹介していきます。

YouTubeの著作権侵害についてよくある質問

YouTube 著作権

著作権は、自分では正しく使用しているつもりでも、違反してしまうことがあります。

そこで、以下では著作権の侵害についてよくある質問とその回答をご紹介します。

Q1.楽曲を購入or自分で録画したコンテンツにも関わらず、動画が削除されたのはなぜですか?

楽曲を購入したり、自分で録画をしても、YouTubeにアップロードする権利がないからです。

例えば、Netflixのコンテンツを録画して、そのコンテンツを無許可でYouTubeにアップロードすることはできません。

利用の許可なくYouTubeにアップロードした場合、著作権侵害になることがあります。

Q2.なぜ自分の動画だけ削除orブロックされ、同様の楽曲を使っている動画は削除orブロックされないのですか?(自分の動画に利用した楽曲が著作権侵害していた場合)

前提として、著作権を侵害された著作権者から、YouTubeに申し出があった動画は、削除やブロックの対象となります。

あなたの削除された動画と同様の動画が削除orブロックされていないのには2つの可能性があります。

可能性

可能性①:まだYouTube側が著作権侵害を把握できていない

可能性②:あなたの削除された動画に利用していた楽曲と、削除されていない動画に利用されている楽曲は著作権者が異なり、後者には使用許可がある

Q3.原曲を使用せずにカバーしただけで、著作権侵害の通知が来るのはなぜ?

歌詞やメロディーも著作権に守られているため、原曲を使用していなくても著作権侵害の対処となることがあります。

まとめ

YouTube 著作権

いかがだったでしょうか?

参考になる部分はありましたか?

今回はYouTubeで著作権の侵害をすることなく、BGMを利用する際の注意点や、オススメの音楽ダウンロードサイトをご紹介させていただきました。

今回の内容をまとめると、YouTubeで著作権を侵害することなく、BGMを利用する方法以下の3つがあります。

著作権侵害なくBGMを利用する方法

著作権フリーの音楽サイトを利用する

②パブリックドメインの楽曲を使用する

③クリエイティブコモンズを使用する

YouTubeでは、著作権を侵害してしまうと、動画が削除されてしまうことがあるので、他者のBGMや作品を使う際は細心の注意を払いましょう。

本日もご覧いただきありがとうございました。

© 2022 crobo Co. Ltd. All rights reserved.