Vimeoって何!? YouTubeとの違いも3分で解説します!

『動画のプラットフォームといえば何?』と聞かれたら、あなたは何を想像されますか?

おそらくですが、YouTubeが頭に浮かんだのではないですか?

それも当然のことで、今ではYouTubeのユーザー数が23億人/月になっています。

このように動画をアップロードするならYouTubeという印象がありますが、もしかしたら利用目的によっては『Vimeo(ビメオ)』の方が向いているかもしれません。

本記事ではVimeoとはどのようなサービスなのか、VimeoとYouTubeの違いに加えて、実際にVimeoに登録・インストールする手順を説明していきます。

これから動画投稿をしていこうと考えている人は、どちらが向いているのか、ぜひ検討してみてくださいね!

Vimeoとは?

vimeo

Vimeoとは2004年にアメリカでサービス運用が始まった動画プラットフォームです。

広告がつかない点やセキュリティの設定を細かくできて安全性が高いことから、近年人気が高まっているサービスになります。

また、YouTubeと似ていることもあり、比較されているサービスでもあります。

ただVimeoの場合、動画投稿者には無料プランと有料プランが用意されていたりと、まったく違った特徴もあります。

そこでVimeoならではの特徴をまとめてみました。

特徴
  • 無料プランと有料プラン(Plus、PRO、Business、Enterpriseの4種類)がある
  • 投稿されている動画の質が高い
  • 動画内に広告がない
  • 動画販売・レンタルができる
  • 動画の公開範囲を細かく設定できる
  • WEBサイトに埋め込みができる
  • 動画プレイヤーを自分好みにカスタマイズできる

VimeoとYouTubeの違い

vimeo

次に、VimeoとYouTubeの違いを下記の6項目で比較してみます。

比較項目
  • ユーザー数
  • 広告表示
  • 動画投稿側の費用
  • 収益方法
  • コンテンツの種類と質
  • 安全性

それぞれ具体的に説明します。

ユーザー数

1つ目に、ユーザー数(月間利用者)について比較します。

Vimeoが2.3億人/月なのに対して、YouTubeは23億人/月になっています。(2021年8月時点)

つまり、Vimeoの利用者は、YouTubeの利用者の10分の1しかいないことがわかります。

そのため、たくさんの人に動画を見てもらいたいと思っている場合は、ユーザー数が多いYouTubeが適切だと言えます。

広告表示

2つ目に、広告表示について比較します。

Vimeoは有料会員・無料会員に関わらず、広告表示なしで動画を閲覧できます。

一方で、YouTubeは無料会員の場合、動画再生しているときに広告が挿入されます。

そのため、ユーザーファーストな動画を作りたいのなら、Vimeoに軍配が上がると言えます。

動画投稿側の費用

3つ目に、動画投稿側の費用について比較します。

Vimeoの動画投稿が有料なのに対して、YouTubeは無料になります。

※Vimeoも無料プランがありますが、アップロード容量は週に500MB、アカウントの総容量は5GBまでと限られているので、有料プランに移行するのが一般的です。

これは2つのサービスのビジネスモデルの違いが原因にあります。

Vimeoは動画投稿者から収入を得るビジネスモデルですが、YouTubeは企業からの広告収入やYouTube Premium(有料会員)の料金をもらうビジネスモデルです。

そのため、投稿者の費用に違いが出ています。

収益方法

4つ目に、収益方法について比較します。

Vimeoが動画のレンタルや販売で収益を得るのに対して、YouTubeは動画に貼っている広告で収益を得ます。

つまり、Vimeoの場合は『この動画をお金を払ってこの動画を見たい』とユーザーに思わせることが大事になります。

そのため、マーケティングを駆使して動画が売れるための施策・導線引きなども大事になってきます。

コンテンツの種類と質

5つ目に、コンテンツの種類と質について比較します。

Vimeoは自ら制作したオリジナルの動画しか公開できないのに対して、YouTubeは基本的にどんな動画でもアップロードできて、著作権等の規制もゆるいです。

というのも、Vimeoは投稿ポリシーが厳格なため、TVやアニメの映像を転載するのを禁止しています。

またVimeoは動画の販売・レンタルを目的にしているため、自然と質も高くなる傾向があります。

安全性

6つ目に、安全性について比較します。

Vimeoが安全性が高いのに対して、YouTubeはVimeoと比較すると安全性が低いです。

なぜならVimeoの場合、動画自体にパスワードをかけて視聴者を限定できたり、特定ドメインのみ再生できるように設定できたりするからです。

YouTubeも限定公開できますが、その限定公開した動画のURLをSNSで拡散されてしまうと、だれでも動画を閲覧できてしまいます。

そのため、安全性を重視するのであれば、Vimeoがおすすめです。

Vimeoの登録とインストール

vimeo

次に、Vimeoの登録とインストールの手順を説明していきます。

Vimeoの登録

では、まずVimeoの登録手順を画像を使いながら説明します。

①Vimeoの公式サイトにアクセスして、『無料で登録』のボタンをクリックします。

vimeo

②お名前、メールアドレス、パスワードを入力して、『Eメールで登録』もしくはGoogleアカウントで登録します

vimeo

③必要な場合、アップグレードの画面からプランを選択する

vimeo
Vimeo公式サイト参照

Vimeoのインストール

Vimeoの登録ができたら、次はVimeoのアプリをインストールしておきましょう。

端末ごとにインストール先が異なるので、下記を参考にしてください!

まとめ

vimeo

今回はVimeoとはどのようなサービスなのか、VimeoとYouTubeの違いに加えて、実際にVimeoに登録・インストールする手順を説明してきました。

動画投稿で稼ぎたいならYouTubeという印象がありますが、実は目的によってVimeoの方が最適なケースも存在します。

そのため、『VimeoとYouTubeの違い』の部分で説明した6つの項目を比較して、自分はYouTubeとVimeoのどちらが合っているのかを確認するようにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

© 2022 crobo Co. Ltd. All rights reserved.