【YouTube】概要欄に記載するべきこととは!?

YouTube 概要欄

YouTubeを見ながら開く画面といえば、『コメント欄』もしくは『動画の概要欄』ではないですか?

ただ実際、自分がYouTubeの発信側になると、疎かになりがちなのが動画の概要欄です。

このあとも説明しますが、概要欄は5,000文字まで書くことができます。

しかし、YouTubeの動画を見ていると、概要欄が100文字程度しか書かれない動画が多いです。

本記事の内容を見ればわかりますが、これはかなりの機会損失にあたります。

そこで今回は、YouTubeの概要欄を書く際のポイントと同時にどのようなメリットがあるのか、また概要欄のデフォルト設定について解説していきます。

ぜひ最後まで読んでいってください!

YouTubeの概要欄とは

YouTube 概要欄

まずYouTubeの概要欄とはどういった内容を記載し、どこに表示されて見えるのかを説明します。

概要欄について

概要欄とは、動画タイトルの下に表示されている文章部分のことです。

(YouTubeの概要欄は、5,000文字までの制限があります)

基本的に、概要欄は動画内容を簡潔にまとめたものが記載されたり、動画で伝えきれない別サイトのURLなどが記載されたりします。

そして概要欄をしっかり記載することで、YouTubeの検索結果に引っかかるようになったり、視聴者ファーストな動画になり視聴者の負担が減ったりします。

そのため、YouTubeの概要欄はしっかり記載するべきと一般的に言われています。

概要欄の見え方

次に、概要欄の見え方ですが、スマホとPCで異なります。

そのため2パターンに分けて、説明します。

■スマホの概要欄の見え方

①タイトルの右横にある下向き▼をタップします。

YouTube 概要欄

②チャンネル名や再生回数の下に概要欄が表示されるので、『...もっと見る』をタップします。

YouTube 概要欄

③概要欄の全文が表示されます。

YouTube 概要欄

■PCの概要欄の見え方

①チャンネル名の下に概要欄が表示されるので、『...もっと見る』をクリックします。

YouTube 概要欄

②概要欄の全文が表示されます。

YouTube 概要欄

概要欄を書く際のポイント

YouTubeの概要欄を書く際のポイントは、下記の5つになります。

YouTubeの概要欄を書く際のポイント
  • 検索キーワードを含める
  • チャプターを追加する
  • 関連動画や商品、SNSのリンクを貼る
  • ハッシュタグを3つ追加する
  • 冒頭の3行が勝負!

それぞれ具体的に説明します。

検索キーワードを含める

1つ目のポイントは、検索キーワードを含めることになります。

なぜなら概要欄に検索キーワードを含めることで、YouTube内の検索結果の上位を狙うことができ、アクセス数を伸ばすことに繋がるからです。

例えば、YouTubeを伸ばすコツの説明動画であれば、概要欄に『YouTube 伸ばすコツ』と入れるなど。

また検索キーワードを調べるツールとしておすすめなのが、『ahrefs YouTube Keyword Tool』という無料ツールです。

自身の動画に合ったキーワードを調べたい方は、ぜひ使ってみてくださいね。

チャプターを追加する

2つ目のポイントは、チャプターを追加することです。

なぜならチャプターを追加することで、動画内の指定した時間に飛ぶことができ、動画が視聴しやすくなるからです。

チャプターのイメージがしにくいと思うので、実際にチャプターが追加されている概要欄を載せておきます。

YouTube 概要欄

下記の記事では、チャプターの作成方法やチャプターを付ける際の注意点を、詳しく説明しています。

興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください!

関連動画や商品、SNSのリンクを貼る

3つ目のポイントは、関連動画や商品、SNSのリンクを貼ることです。

なぜなら視聴者が気になる情報を、概要欄にリンクとして貼ることで、視聴者ファーストの動画になるからです。

例えば、動画内やオリジナルグッズやおすすめ商品を紹介したけど、リンクが貼られていない場合を考えてみてください。

1度YouTubeを閉じて、Googleなどの検索エンジンで調べないといけないので、手間がかかりますよね。

けれども一方で、YouTubeの概要欄にリンクが貼られていれば、スムーズにサイトを移動できるので視聴者にとって使い勝手が良くなります。

そのため、YouTubeの概要欄には関連動画や商品、SNSのリンクを貼るのがおすすめです!

ハッシュタグを3つ追加する

4つ目のポイントは、ハッシュタグを3つ追加することです。

なぜならハッシュタグ経由で、自分の動画が視聴される可能性が出てくるからです。

ただ、ハッシュタグは3つまで、かつ記載の方法には注意しなければなりません。

タイトル上に表示されるタグが3つまでに限定されているので、概要欄も同様に3つまでにしておきましょう!

またハッシュタグは記載の仕方によって、機能しない仕組みになっています。

例えば『#YouTube 翻訳』に記載した場合、『#YouTube』までしかハッシュタグとして機能しません。

スペースを開けるとハッシュタグが機能しないので、『#YouTube翻訳』と詰めるようにしましょう!

冒頭の3行が勝負!

5つ目のポイントは、冒頭の3行が勝負ということです。

なぜならYouTubeの概要欄はクリックをされない限り、3行までしか視聴者に表示されない仕組みになっているからです。

仮に、概要欄の全文が表示されなければ、これまで説明してきた上記4つの取り組みの効果は最大化されません。

そのため概要欄は、視聴者の興味を引くような、魅力的な冒頭3行にする必要があります。

概要欄はデフォルト設定が可能!

YouTube 概要欄

『YouTubeの概要欄を毎回0から書くのは面倒くさい、、』と感じる方もいると思います。

そんな方におすすめなのが、概要欄のデフォルト設定になります。

概要欄のデフォルト設定の手順
  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューから 『設定』 を選択します。
  3. 『アップロード動画のデフォルト設定』を選択します。
  4. 基本情報』、『詳細設定』 の各タブでデフォルト設定を行います。
  5. 『保存』 を選択します。

画像を用いて、それぞれの手順を説明していきます。

①YouTube Studio にログインします。

②左側のメニューから 『設定』 を選択します。

YouTube 概要欄

③『アップロード動画のデフォルト設定』を選択します。

YouTube 概要欄

④『基本情報』、『詳細設定』 の各タブでデフォルト設定を行います。

YouTube 概要欄

⑤『保存』 を選択します。

YouTube 概要欄

まとめ

YouTube 概要欄

今回は、YouTubeの概要欄を書く際のポイントと概要欄にはどのようなメリットがあるのかを中心に説明してきました。

簡単におさらいしておきましょう。

YouTubeの概要欄を書く際のポイント
  • 検索キーワードを含める
  • チャプターを追加する
  • 関連動画や商品、SNSのリンクを貼る
  • ハッシュタグを3つ追加する
  • 冒頭の3行が勝負!

概要欄の内容次第で、YouTubeの検索結果に引っかかったり、自社商品・宣伝している商品の購買に繋がったりします。

『これまでYouTubeの概要欄は適当に設定していたな、、』と感じた方は、これを機に概要欄の書き方を改めていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

© 2022 crobo Co. Ltd. All rights reserved.