【無料】YouTubeでキーワード選定ができるツールをご紹介します!

YouTube キーワードツール

YouTubeの再生回数を伸ばすために、役立つのがキーワード選定ツールです。

なぜなら動画ごとにキーワードを設定することによって、YouTubeの検索結果に動画が反映されやすくなるからです。

ただ、闇雲に何のツールも使わずにキーワードを設定してしまうと、まったく需要のないキーワードを設定してしまいがちです。

そこで今回はYouTubeのキーワードを決めるときに、よく使われているキーワード選定ツール5選を紹介していきます。

無料で使えるツールもあるので、お金が掛かるのか心配な方でも安心して読める内容になっています。

『YouTubの再生回数が伸びないな〜』と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

YouTubeのキーワード選定ができるツール

YouTube キーワードツール

YouTubeのキーワード選定ができるツールは、下記の5つになります。

YouTubeのキーワード選定ができるツール5選
  • ahrefs
  • おむすびキーワード
  • Keyword Tool
  • ラッコキーワード
  • YouTubeリサーチ機能

それぞれツールの使う手順・特徴を詳しく説明します。

ahrefs

ahrefs

キーワード選定ツールの1つ目は、ahrefsです。

特徴
  • 100個までしかキーワードが出せない(無料版の場合)
  • 有料にすると他の機能も使える

検索窓にキーワードを入力すると、関連キーワードが検索ボリュームの多い順番で表示される仕組みになっています。

ただ無料版の場合、上位100ワードまでしか調べられなくなっているので注意が必要です。

■手順

①検索元がYouTubeになっているかを確認

ahrefs

②狙いたいキーワードを入力

ahrefs

③検索国を「Japan」に設定

ahrefs

④「キーワードを探す」をクリックする

ahrefs

おむすびキーワード

キーワード選定ツールの2つ目は、おむすびキーワードです。

特徴
  • キーワードをマインドマップで見ることができる
  • 検索ボリュームがわからない

※検索ボリュームを調べられるツールと併用して使うのがおすすめです

おむすびキーワードの最大の特徴は、キーワードの関連性が視覚的にわかることです。

マインドマップを細部まで見ると、より詳細な視聴者のニーズもわかるのでコンテンツ内容を考えるときにも役立ちます。

おむすびキーワードツール

■手順

①検索国を「日本」に設定

おむすびキーワードツール

②検索元がYouTubeになっているか確認

おむすびキーワードツール

③狙いたいキーワードを入力する

おむすびキーワードツール

④検索をクリックする

おむすびキーワードツール

Keyword Tool

keyword Tool

キーワード選定ツールの3つ目は、Keyword Toolです。

特徴
  • 検索ボリュームなどがわからない

※検索ボリュームを調べられるツールと併用して使うのがおすすめです

Keyword Toolはサジェストキーワード取得ツールの中でも、キーワード抽出量でトップレベルを誇ります。

そのため、『こんなキーワードあるの知らなかった、、』といった手の届きにくいキーワードを見つけるのに最適です。

ですが検索ボリュームは有料版でないと見れない仕様になっているので、検索ボリュームを調べられるツールと併用するのがおすすめです。

keyword Tool

■手順

①検索元がYouTubeになっているか確認

keyword Tool

②キーワードを入力する

keyword Tool

③検索国を「日本」に設定

keyword Tool

④検索アイコンをクリックする

keyword Tool

ラッコキーワード

ラッコキーワード

キーワード選定ツールの4つ目は、ラッコキーワードです。

特徴
  • 周辺語・連想語も検索できる
  • 検索ボリュームなどがわからない

※検索ボリュームを調べられるツールと併用して使うのがおすすめです

ラッコキーワードは周辺語・連想語も検索できるので、競合が知らないようなお宝キーワードを見つけるのに便利なツールです。

ただ1つ注意点として、周辺語・連想語を検索すると関連度の低いキーワードが表示される可能性が高くなります。

そのため、キーワードを選定するまえに自分でしっかり精査するようにしましょう。

■手順

①検索元がYouTubeになっているか確認

ラッコキーワード

②キーワードを入力する

ラッコキーワード

③検索アイコンをクリックする

ラッコキーワード

YouTubeリサーチ機能

キーワード選定ツールの5つ目は、YouTubeリサーチ機能です。

特徴
  • 検索ボリュームが「高」「中」「低」の3段階まででしか表示されない
  • 自分のチャンネルの視聴者に限定して調べることができる
  • キーワードの保存ができる

※検索ボリュームを調べられるツールと併用して使うのがおすすめです

YouTubeリサーチ機能の最大の特徴は、自身のチャンネル視聴者に限定してキーワードを調べられることです。

そのため、視聴者が見たがっているコンテンツや興味のあるテーマを効率よく探すことができます。

ただ、検索ボリュームは「高」「中」「低」の3段階しかわからないので、検索ボリュームを調べるツールと併用するのがおすすめです。

■手順

①YouTube Studioのアナリティクスに移動

YouTubeリサーチ機能

②「リサーチ」タブを開く

YouTubeリサーチ機能

③チャンネルの視聴者による検索の言語、地域を「日本語」、「日本」に設定する

YouTubeリサーチ機能

④「YouTube全体での検索」の検索窓にキーワードを入力する

YouTubeリサーチ機能

検索ボリュームを確認する

YouTubeリサーチ機能

これまでYouTubeのキーワード選定に役立つツールを紹介してきました。

しかし、狙いたいキーワードが見つかっても、検索ボリュームが少ないと意味がありません。

なぜなら『検索ボリュームが少ない=需要がない』ということなので、本来の目的であったYouTubeの検索結果からの再生回数UPが期待できないからです。

そのため、ツールでキーワード選定をするときには、必ずセットで検索ボリュームも調べるようにしましょう。

そして検索ボリュームを調べるときに大活躍するのが、『Googleトレンド』というツールになります。

Googleトレンドの特徴
  • 無料で利用できる
  • 検索キーワードの検索ボリューム推移を調べられる
  • 指定した期間の検索ボリュームの変化が0~100の相対評価でわかる

下記はGoogleトレンドのツールを使って、過去90日間の『W杯』の需要推移を調べたグラフになります。

Google Trends

(W杯は11月20日から開始されましたが、そのあたりから検索ボリュームが上がっていることがわかります)

上記の場合だと、検索ボリュームが上がっている11月後半あたりから12月後半あたりまでであれば、YouTubeの検索結果からの流入が見込めます。

しかし需要が0に近づいてくると、徐々に検索されなくなってきている証拠なので、YouTubeはそのキーワードからの流入を期待できなくなります。

このようにキーワードごとの検索ボリュームを追うことによって、トレンドに乗せて動画を発信することができます。

なので基本的には狙いたいキーワードが見つかったら、セットで検索ボリュームを調べるようにしましょう。

■検索ボリュームを見る手順

①Googleトレンドのトップページにある、左上のマークをクリックします。

Google Trends

②『調べる』をクリックします。

Google Trends

③検索キーワードを追加の欄に、検索ボリュームを調べたいキーワードを入力します。

Google Trends

競合のキーワードを調べる

YouTubeリサーチ

またキーワードを調べるときには、競合チャンネルの動画のキーワードを調べることもお勧めです。

どのようにキーワードを調べるかというと、競合チャンネルが設定している『タグ』や『ハッシュタグ』を見ます。

なぜならタグやハッシュタグには、動画のキーワードになる単語をつけるケースが多いからです。

ちなみにタグは拡張機能YouTube Tagsを使えば競合チャンネルの動画の設定しているキーワードを調べることができます

ハッシュタグは、競合チャンネルの動画の概要欄を見ればわかります。

■タグの確認方法

①『YouTube Tags』の拡張機能を追加します。

②競合チャンネルのYouTube動画を開きます。

③概要欄の下にあるタグ欄にあるタグを確認します。

YouTube タグ

■ハッシュタグの確認方法

①競合チャンネルのYouTube動画を開きます。

②概要欄を開き、1番下にある「#」の付いたキーワードがハッシュタグになります。

YouTube ハッシュタグ

まとめ

YouTubeリサーチ

今回は、YouTubeのキーワード選定ができるツール5選を紹介してきました。

YouTubeのキーワード選定ができるツール5選
  • ahrefs
  • おむすびキーワード
  • Keyword Tool
  • ラッコキーワード
  • YouTube リサーチ機能

YouTubeの再生回数を上げるためには、検索結果に動画を上位表示させることが大事になってきます。

なぜなら上位表示させて再生回数を稼ぐには、検索需要のあるキーワードを選ぶことが必須になってくるからです。

そんなときに大活躍するのが、キーワード選定ができるツールになります。

『これまでYouTubeのキーワードなんて意識したことがなかった、、』という方は、ぜひこの機会にYouTubeのキーワード選定を試してみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

© 2022 crobo Co. Ltd. All rights reserved.