【YouTube】メンバーシップとは?あなたのチャンネルに活用すべきかを解説!

YouTube メンバーシップ

YouTubeのアドセンス収益が不安定で困っている、、、とお困りではないですか。

今回紹介するYouTubeメンバーシップは、チャンネル運営者であるクリエイターを視聴者が支援する仕組みのことです。

視聴者が月額料金を払うことで、クリエイターに安定した収益が入るメリットがあります。

本記事ではそのYouTubeメンバーシップについて、他にもどのようなメリット・デメリットがあるのか、またメンバーシップの始め方を解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

YouTubeメンバーシップとは?

YouTube メンバーシップ

YouTubeメンバーシップとは、動画配信者を支援する目的で、備えられた有料コンテンツ提供機能です。

基本的に視聴者がYouTubeメンバーシップに参加して、毎月定額の料金を特定のクリエイターに払うことで、有料コンテンツを視聴・使用できるようになる仕組みです。

具体的には、動画の先行配信、限定動画の配信、メンバー限定コミュニティ・チャットなどの恩恵を受けられるようになります。

メンバーシップを開始するための条件

YouTube メンバーシップ

ただメンバーシップは、YouTubeクリエイターの全員が始めれる訳ではありません。

なぜならメンバーシップを開始するための条件が定められているからです。

具体的な条件は、下記の7つになります。

メンバーシップを開始するための条件
  1. チャンネル登録者の数が1,000人を超えている
  2. YouTubeパートナープログラム(YPP)に参加している
  3. 18歳以上である
  4. 利用可能な地域にチャンネル所有者が居住している
  5. 子ども向けのチャンネルではない
  6. チャンネルポリシーに違反している動画が相当数チャンネル内に存在していない
  7. 利用規約とポリシーを遵守している

すべての条件を満たして初めて、YouTubeのメンバーシップを開始できます。

そのため、1つでも条件を満たしていない場合は、すべてクリアすることに努めましょう。

メンバーシップの月額料金とは

次に、メンバーシップの月額料金ですが、クリエイター側で90円〜6,000円の間で自由に設定できるようになっています。

一概に「何円がおすすめです!」とは言えませんが、500円ほどで設定しているクリエイターが多いです。

ただ、重要なのは月額料金に見合ったコンテンツを提供できるかになります。

例えばですが、メンバーシップの月額料金を6000円に設定したにも関わらず、ほとんど有料コンテンツを提供しなかったら、視聴者から反感を買いますよね。

そのため、自身のメンバーシップに加入するなら、どのくらいの料金を払えるかをイメージしながら月額料金を設定するのがコツです。

■メンバーシップの収益確認方法

①YouTube Stadioにログインします。

②左メニュー欄にある『アナリティクス』をクリックします。

③『収益』をクリックします。

④『トランザクション収益』を選択したら、メンバーシップの収益が確認できます。

YouTubeメンバーシップをするメリット

YouTube メンバーシップ

次に、YouTubeメンバーシップをするメリットですが、下記の2つになります。

※今回はクリエイター視点からのメリットを紹介しています。

YouTubeメンバーシップをするメリット
  • クリエイターが定期収入を獲得できる
  • ファンと親睦を深めることができる

それぞれのメリットを具体的に説明します。

クリエイターが定期収入を獲得できる

1つ目のメリットは、クリエイターが定期収入を獲得できる点になります。

なぜならYouTubeアドセンスが再生回数に応じて収益が変動するのに対して、YouTubeメンバーシップは月額制だからです。

また、毎月の収入が『アドセンス収益+メンバーシップ収益』の2つの柱になるので、より安定して収益を得られます。

YouTubeをしていると、『今月も動画の再生回数回さないと〜』とつい焦りがちになりますよね。

その点、YouTubeメンバーシップの制度を取り入れていると、収益面では安心できるのでおすすめです!

ファンと親睦を深めることができる

2つ目のメリットは、ファンと親睦を深めることができる点になります。

なぜならメンバー限定のコミュニティが作れて、ファンとより親密に交流が可能になるからです。

また、お金を払ってYouTubeメンバーシップに参加している方は、基本的にあなたのチャンネルの熱狂的なファンです。

そのため、アンチコメントや誹謗中傷などのネガティブな交流も少なく、ポジティブな気持ちになれることも多いです。

ファンとの親交が深まってきた段階で、コミュニティを有効活用して、メンバーと企画アイディアを出し合ったりすることもできるのも魅力的ですね。

YouTubeメンバーシップをするデメリット

YouTube メンバーシップ

逆に、YouTubeメンバーシップをするデメリットですが、下記の2つになります。

YouTubeメンバーシップをするデメリット
  • ファンに金目当て扱いされる可能性がある
  • 手数料が高い

それぞれのメリットを具体的に説明します。

ファンに金目当て扱いされる可能性がある

1つ目のデメリットは、ファンに金目当て扱いされる可能性がある点になります。

というのも視聴者の中には、ファンから「お金を取るな!」などという意見の方もいらっしゃいます。

そのため、メンバーシップを開始する際は、目的や恩恵について真剣に伝える必要があります。

特に理由なくメンバーシップを開始すると、反感を買う可能性もあるので注意しましょう!

手数料が高い

2つ目のデメリットは、手数料が高い点になります。

驚かれるかもしれませんが、メンバーシップの月額料金の30%を、YouTubeに支払わなければなりません。

例えば、YouTubeメンバーシップを月額500円に設定した場合、下記のようになります。

メンバーシップの月額料金が500円の場合
  • クリエイターの収益(70%):350円
  • YouTubeへの支払い手数料(30%):150円

そのため『手数料を取られるのは、絶対に嫌!』という方は、違う方法でコミュニティを形成する方が良いかもしれないですね。

ほんの一例ですが、YouTubeでなくてもできることであれば、独自でオンラインサロンを運営する方が手数料を支払わなくて済むのでおすすめです!

YouTubeメンバーシップの始め方

次にYouTubeメンバーシップの始め方を説明していきます。

具体的な手順は、下記のとおり。

YouTubeメンバーシップの始め方
  1. YouTube Studioにログインする
  2. メニューの「収益受け取り」を選択する
  3. 「メンバーシップ」のタブを選択する
  4. メンバーシップ特典を設定する
  5. バッジと絵文字をアップロードする(デフォルトの特典のカスタマイズ)
  6. メンバーシップについて知らせる
  7. 新しいメンバーへ挨拶をする
  8. メンバーシップの設定内容を審査申し込みする
  9. 審査終了後「有効」ボタンを押して完了

①YouTube Studioにログインする

②メニューの「収益受け取り」を選択する

YouTube メンバーシップ

③「メンバーシップ」のタブを選択する

YouTube メンバーシップ

④メンバーシップ特典を設定する

YouTube メンバーシップ

まずはコースを作成します。

最低で1つ、最大5つまでコースを作成できるので、『応援コース』、『スタンダードコース』、『プレミアコース』など自分で決めましょう。

コース名や料金、特典は自由に設定できるので、希望のある方は変更してもらってOKです。

また特典はデフォルトのものから選択しても、オリジナルで作成しても大丈夫です。

⑤バッジと絵文字をアップロードする(デフォルトの特典のカスタマイズ)

YouTube メンバーシップ

バッジは新規、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月、1年、2年ごとに付与されるので、6つ用意する必要があります。

「自分で作るのが面倒だな、、」という方は、YouTubeが用意したバッジを使用するようにしましょう。

絵文字も同様に、名前をカスタマイズできるので、自分好みに変更しましょう。

⑥メンバーシップについて知らせる

YouTube メンバーシップ

動画やライブ配信、またSNSでメンバーシップを宣伝する際の、伝えるべきポイントがまとめられています。

⑦新しいメンバーへ挨拶をする

YouTube メンバーシップ

メンバー限定へのコミュニティ投稿の設定になります。

つまり、あなたのYouTubeメンバーシップに参加してくれた方への、最初の挨拶(メッセージ)です。

メンバーシップの第一印象になるので、文面はしっかり考えましょう。

⑧メンバーシップの設定内容を審査申し込みする

⑨審査終了後「有効」ボタンを押して完了

まとめ

YouTube メンバーシップ

今回はYouTubeのメンバーシップについて紹介してきました。

メリットとデメリットを改めて、まとめておきます。

YouTubeメンバーシップをするメリット
  • クリエイターが定期収入を獲得できる
  • ファンと親睦を深めることができる
YouTubeメンバーシップをするデメリット
  • ファンに金目当て扱いされる可能性がある
  • 手数料が高い

何事もですが、メリットがある反面、デメリットも必ず存在します。

そのため、メリットやデメリットを吟味した上で、自分がYouTubeメンバーシップを開始するべきなのか考えてみてください!

© 2022 crobo Co. Ltd. All rights reserved.